Exhibition

鈴木敦子展

~Atsuko Suzuki Exhibition OFFICE IIDA~
2018年12月3日(月)~ 12月15日(土)日曜休廊
13:00-18:30/last day 17:00
会場:オフィスイイダ 中央区銀座1-9-8 奥野ビル4階408号室
作家コメント

消しゴム判子や型紙などを使って描いた作品を展示します。描いていると「かたち」の内側が外側に見えたり、また内側に見えたりと、その時々で「かたち」が反転して見えてきます。その現れてくる「かたち」を追いながら制作しました。

 

2018-11-14 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

小保方祥子展

~Sachiko Obokata Exhibition OFFICE IIDA~
2018年10月15日(月)~ 10月27日(土)日曜休廊
13:00-18:30/last day 17:00
会場:オフィスイイダ 中央区銀座1-9-8 奥野ビル4階408号室
作家コメント

ある惑星とそれを研究する人間を描いた小説があります。
惑星には海があって、海は研究者の記憶から実体のある人間や物を作り出してしまいます。
このことが記憶を保持しているものに自分自身の記憶と向き合わせることになります。
「記憶をもとに作られていくもの」を手がかりに作品を作ることにしました。
作品は木版画で制作しています。

2018-09-21 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

久保崎麦展

~Mugi KUBOSAKI Exhibition OFFICE IIDA~
2017年11月20日(月)~ 12月2日(土)日曜休廊
13:00-18:30/last day 17:00
会場:オフィスイイダ 中央区銀座1-9-8 奥野ビル4階408号室

久保崎麦さんの作品は何気ない風景、旅の記憶、物語等が主な題材だが、時々全く別の世界から来たような空想の世界もある。
繊細な線の銅版画の新作12点と今までの作品も鑑賞できる。
  
2017-11-07 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

市川曜子展

~Yoko Ichikawa Exhibition OFFICE IIDA~
2017年10月10日(火)~ 10月21日(土)日曜休廊
13:00-18:30/last day 17:00
会場:オフィスイイダ 中央区銀座1-9-8 奥野ビル4階408号室

市川さんの2年ぶりの個展です。
前回に引き続き、雑誌NHK俳句に連載中の、俳人ではない各界の方々の俳句にまつわるエッセイ「俳句的日常」のための挿画を主に
新作・旧作銅版画やその他をギュッと詰め込んだ作品展です。
是非ご高覧頂ければ幸いです。

2017-09-19 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

手しごとセレクト展

会期:2017年5月29日(月)-6月10日(土) 日曜休
時間:13時00分~18時30分 最終日17時まで
アートゴマン.comが選んだ色とりどりの手しごとをあなたの手元へ。
おだまき工房(さき織りのバッグ、小物類)西方京子(手紡ぎ手織り)野上薫(ひもづくり陶器)○△product(アクセサリー)による様々な作品が並ぶ。

2017-05-27 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

古屋真帆展 -鳥たちを探しに行く-

会期:2017年1月10日(火)~1月21日(土)
時間:13時~18時30分 最終日17時まで 日曜休

古屋真帆作品コメント

物語の大切な場面ごとに、その背景を人物の背中につけて陶で制作しました。
最近では、日常ではないむこうがわにいる、人物や動物たち、植物なども陶で制作しています。
記憶または無意識の中から浮かんできたそれらを、かすかな物音に耳を澄まして、その形、重さを確かめながら、ひとつひとつ形にしました。

2017-01-03 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

日々是好日展

会期:2016年12月5日(月)-12月17日(土) 日曜休
時間:13時00分~18時30分 最終日17時まで
お世話になった方へそしてご自分のご褒美に

普段使いの陶磁器、かわいいアクセサリー、着物生地によるバックなどを日常が楽しくなるクラフト作品です。
出品作家:
佐藤梨香:陶立体、Cyan&pink:アクセサリー、夏川朝帆:ポストカード、カレンダー、ベンターナ:着物生地による服飾、二宮美由紀:木版カード、手ぬぐい、はしもとかなこ:フェルト、原村俊之:陶磁器、久原景子:ビーズ

日々是好日展

2016-11-26 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

smt-art企画:アンティーク・テーブルウェア・コレクション 2016秋

日々の食卓で使って楽しむことのできる西洋アンティークのテーブルウェア(陶磁器、ガラス器、銀製品)をご紹介しています。
展示会のご案内
「アンティーク・テーブルウェア・コレクション 2016秋」
と き 2016年11月7日(月)-11月19日(土)
ところ オフィスイイダ
詳細はSMT ARTサイトをご覧ください

2016-11-11 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

岡田まりゑ展-コトバを受けとる-

岡田まりゑ展-コトバを受けとる-

内容:新作版画を中心にドローイング、コラージュ、ガラス絵を展示します。
「今日の言葉」と題してa~zの単語に纏わる言葉を書いたコラージュ、ドローイング1点もの御神籤作品もあります。
「御神籤のように引いた言葉が今日のあなたのコトバです」という様なウケトル言葉体験型作品です。
私たちは日々、誰かと話している様で実は一方的に言葉を流し続けていたり、
また聴いている様で受け流したりしています。
そんなことも大人な対応であると思いますが、誰かや書物やまた、ふと見たモノからコトバを受けとるのも大切だと思います。
そんな風に想いながら制作した作品たちです。
 分け持つブンヤ300
「わけもつ分野」32×21.7cm  エッチング/アクアチント
2016-09-07 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

展覧会情報

齋藤千明展

3月15日(火)~3月26日(土)
13時~18時半 (最終日17時)日曜休
会場:OFFICE IIDA+ギャラリーカメリア
内容:
齋藤千明は、これまで主に木版画の技法を用いて作品を制作してきました。
近年の作品では、和紙で紙衣の服を作りそれを着用してから支持体に定着させる「空蝉のかたち」シ
リーズなど、心的・主観的形象を微視的に再現したものがあります。
それらの近視点を遠視点へと展開させたものが2015年7月にロサンゼルスで発表したインスタレーション「KEGON」です。
「雲間から垣間見る」日本美術の伝統的な視点を用いて「引きで可視化される場景の本質」を表現するため、山水画をモチーフに循環するラン
ドスケープを和紙の原料である楮繊維にて制作しました。
今回の展覧会でも同シリーズとして、ギャラリーカメリアでは俯瞰の風景をインスタレーションで、オフィスイイダでは平面、立体
小品を中心に展示いたします。

齋藤千明展

2016-02-25 | Posted in ExhibitionNo Comments »